函館空港に到着してから他の交通拠点や観光拠点へ移動するシャトルバス、路線バスをピックアップしています。
※函館帝産バスのシャトルバスは函館市電・函館バスの一日・二日乗車券対象外です。

目次

※2019年11月時点の情報を元にしています。最新情報の確認を。

主要観光スポットへ

函館到着からすぐに観光なら、外せないのはベイエリア、函館山、五稜郭公園ですよね。

函館空港→函館西部地区、ベイエリア

函館西部地区といってもエリアが広いため、金森赤レンガ倉庫付近や十字街を目安に。

  • シャトルバス(函館帝産バス
    JR函館駅方面行きシャトルバス(快速便除く)運行ルートに金森赤レンガ倉庫そばのベイエリア前バス亭があります。さらに終点のホテルWBFグランデ前は元町の坂を下った先のホテル前。
    所要時間:ベイエリア前まで約28分、ホテルWBFグランデ前まで約30分(待ち時間含まず)
    運賃:大人460円
  • シャトルバス(函館帝産バス)+函館市電
    路面電車で街並みを眺めながら西部地区へ向かうならJR函館駅前から乗るのがスムーズ。そして函館滞在中何度も函館市電や函館バスを利用するなら駅前案内所で一日・二日乗車券購入もオススメ。
    所要時間:JR函館駅前まで約20分、函館駅前電停から十字街まで約5分(待ち時間含まず)
    運賃:大人450円+240円

函館空港→函館山山頂へ

最もシンプルな工程は、一度JR函館駅へ向かいシャトルバスや登山バスに乗り換えることになります。詳しくはJR函館駅から他の交通・観光拠点へのアクセスへ
※10月末~4月上旬は登山道路通行止めのため、山頂へは函館山ロープウェイのみです。

  • シャトルバス(函館帝産バス)でJR函館駅前+函館山ロープウェイ接続シャトルバス(函館バス)でロープウェイ山麓駅+函館山ロープウェイで山頂へ
  • シャトルバス(函館帝産バス)でJR函館駅前+函館山登山バス(函館バス)
  • タクシーで夜景観光コース(各タクシー会社へ料金やコースをお気軽にご相談下さい
  • 夜景観光バス「函館夜景号」(要予約)

函館空港→五稜郭公園・五稜郭タワー

五稜郭公園に最も近いバス亭は「五稜郭タワー前」次いで「芸術ホール前」「中央図書館前」。名称に五稜郭と付いても例えば「五稜郭公園入口」は五稜郭公園まで徒歩5分、「五稜郭」や函館市電の「五稜郭公園前」とは徒歩10分以上。五稜郭駅の場合はさらに遠くクルマで10分以上離れています、ご注意を。

  • 五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス(函館バス
    函館空港からトラピスチヌ前、湯川温泉電停、五稜郭タワーを経由し函館駅を結ぶシャトルバス。9時台から15時台まで運行
    所要時間:約34分(平日・土日祝で停車停留所が違います)
    運賃:大人300円(平日)・410円(土日祝)
  • 8系統、5系統(函館バス
    函館空港から五稜郭タワー前まで。
    所要時間:約23分
    運賃:大人270円(8系統)・300円(5系統)

湯の川温泉へ

同じ湯の川温泉エリア内といっても、海側にある「湯の川温泉」バス亭と函館市電通り側にある「湯の川」「湯の川温泉」「湯川温泉電停前」は徒歩10分以上離れていたりするのでご注意を。

函館空港→湯の川温泉

  • シャトルバス JR函館駅・市内行き(函館帝産バス
    海側の「湯の川温泉」バス亭で下車
    所要時間:約8分
    運賃:大人230円
  • シャトルバス 新函館北斗駅行き(函館帝産バス
    海側の「湯の川温泉」バス亭で下車
    所要時間:約8分
    運賃:大人230円
  • 96系統(函館バス
    海側の「湯の川温泉」バス亭で下車
    ※運行本数少なめ
    所要時間:約10分
    運賃:大人240円
  • 8系統(函館バス
    海側の「湯の川温泉」バス亭で下車
    ※運行本数1日4本
    所要時間:約7分
    運賃:大人240円
  • 空港循環路線とびっこ(函館バス
    函館空港と本町・美原方面・産業道路を循環するバスの7A系統ほかで「湯倉神社前」下車すると湯の川温泉エリアは徒歩圏内。
    ただし目的のホテルや施設が海側の場合はかなり歩くことになるので、事前に位置関係をチェックして利用交通手段の検討を。

函館空港に到着後とりあえず函館市電に乗るには?

函館空港から最寄の函館市電電停「湯の川」まで道なりで約3.5km、荷物を抱えた徒歩にはキビシイ距離です。
函館バスの場合、空港循環線とびっこで「湯倉神社前」まで約12分乗車+徒歩2分(なおバス亭「湯倉神社前」の場所が複数存在するため時刻表をチェックする際はご注意を)。函館帝産バスのシャトルバスは「湯の川温泉」バス亭(海側)が電停から遠いためこの目的には不向きです。
湯の川電停まで到着出来れば、函館市電は約10分間隔で運行されているのであまり待たずに乗れますよ。

函館空港→大沼国定公園

自然豊富なリゾートエリア「大沼国定公園」へは一日3往復運行されるシャトルバスがあります。大中山、七飯町本町、大沼プリンスホテルを経由し大沼公園ポロト館が終点。

  • 大沼・函館空港シャトルバス(大沼交通
    所要時間:1時間20分
    運賃:大人1,240円

函館エリアの交通拠点へ

函館空港→JR函館駅前

  • シャトルバス(函館帝産バス
    湯の川温泉やJR函館駅前を経由(快速便は函館駅まで)、ベイエリアやホテルWBFグランデ前までのシャトルバス。航空便発着時間に合わせて設定されているので便利。
    所要時間:JR函館駅まで約20分
    運賃:函館駅前まで大人450円、ホテルWBFグランデ前まで大人460円(平成30年4月1日より)
  • 96系統(函館バス
    函館空港と函館駅前バスターミナルを結ぶ路線。途中、漁火通りを通り、湯の川温泉、啄木小公園前、松風町を経由します。終点まで計27箇所停車。運行が1日数本と少なめ。
    始点終点間の所要時間:約33分
    運賃:大人300円

  • 5系統(函館バス
    トラピスチヌ前・五稜郭タワー前を経由と少し遠回り、函館駅前行き。少し遠回りの代わりに日中1時間2本と運行多め。
    始点終点間の所要時間:約47分
    運賃:大人300円

函館空港→JR新函館北斗駅

  • シャトルバス(函館帝産バス
    湯の川温泉、五稜郭公園入口を経由しJR新函館北斗駅を結ぶシャトルバス。一日5便運行。
    所要時間:約56分
    運賃:大人1,000円
  • シャトルバスでJR函館駅→JRアクセス電車はこだてライナー
    函館帝産バスのシャトルバスでJR函館駅前へ向かい、函館駅からはこだてライナーで新函館北斗駅へ。接続がタイトな便もあるので、シャトルバス発車時間はこだてライナー発車時刻は事前に確認を(JR北海道)
    所要時間:JR函館駅前まで約20分+はこだてライナー乗車時間約15分(待ち時間含まず)
    運賃:函館駅前まで大人410円、JR運賃360円
    ※はこだてライナーはSuica等交通系ICカードは使用できません

函館空港→津軽海峡フェリーターミナル

  • シャトルバス(函館帝産バス)をJR函館駅前で乗り換え
    JR函館駅方面のシャトルバスに乗り、JR函館駅でフェリーターミナル行きシャトルバスに乗換えがおすすめ。ただし乗り換えるフェリーターミナル行シャトルバスは一日5本程度の運行なので事前に待ち時間の確認を。
    所要時間:JR函館駅前まで約20分+フェリーターミナルまで約30分(7/1~、待ち時間含まず)
    運賃:大人450円+大人320円

参考:各交通・観光拠点との位置関係