お盆休みで新幹線混雑/JR新函館北斗駅や函館空港

update 2019/8/11 06:39


 お盆休みが10日始まり、道南着の新幹線や空の便は帰省客や旅行客で混雑した。函館近郊のこの日の最高気温は軒並み20度を下回る中、到着した人々は暑い日が続く道外との気温差に驚いていた。

 北海道新幹線のJR新函館北斗駅では、東京駅の始発列車が午前10時50分ごろに到着。新青森駅出発時の乗車率は約90%で、大きな荷物を持った家族連れらが続々とホームに下りた。

 家族で道内旅行に向かった横浜市の加藤爽太君(小学6年)は「満席で立ちっぱなしの人がいて、かわいそう。函館でイクラやホタテをたくさん食べたい」と話していた。

 午前10時の北斗市の気温は18・6度。同市内の夫の実家に行くため、新幹線に乗った横浜市の菱田裕子さん(39)は「本州は30度を超えていたので、寒いくらい」と驚いた。

 今年は最長で9連休となるお盆休みだが、一足先に旅行を済ませて道南へ帰ってきた人も。七飯町の公務員長尾英樹さん(36)は11日から仕事のため、家族旅行を終えて帰路に。娘の咲良さん(7)は「ディズニーランドのジェットコースターが楽しかった」と笑顔だった。

 北海道新幹線は10日が混雑のピークで、東京発の下り列車がほぼ満席の状態。函館着の空の便は、12日まで羽田発の全便が満席となっている。一方、Uターンラッシュは新幹線や空の便ともに17、18日に本格化する見通し。

提供 - 函館新聞社

その他の新着ニュース

前のページにもどる   ニュースをもっと読む



ご注意:
●掲載している各種情報は、著作権者の権利を侵さないよう配慮の上掲載されるか、又は、各情報提供元の承諾の元に掲載されています。情報の閲覧及び利用については「免責事項」をよくお読み頂いた上で、承諾の上行って下さい。
●掲載中の情報の中には現在有効ではない情報が含まれる場合があります。内容についてはよくご確認下さい。

ページ先頭へ

e-HAKODATE .com
e-HAKODATEは、函館市道南の地域情報や函館地図、旅行観光情報、検索エンジンなど、函館道南のための地域ポータルサイトです