「幅広い世代の反響、光栄」 映画「きみの鳥はうたえる」の三宅監督トークショー

update 2019/1/12 06:49


 函館市民映画館シネマアイリス(菅原和博代表)は11日、函館出身の作家、佐藤泰志の同名小説を原作にした映画「きみの鳥はうたえる」(三宅唱監督)を約2カ月ぶりに特別上映した。約30人が来場し、上映後は三宅監督のトークショーも開かれた。

 同作品は、第73回毎日映画コンクール(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞主催)で、作品部門など8部門にノミネートされるなど、注目を集めている。三宅監督は昨年11月に東京都で開催された映画祭「TAMA CINEMA FORUM」で最優秀新進監督賞を受賞。「いろんな賞があって面白いと思った。いい映画がたくさんある中で、幅広い世代から反響があり光栄です」と語った。

 函館での撮影時を振り返り、「同じ演技を何度も同じクオリティーで演じるところが俳優のすごいところ」としながらも、「自分は、もう二度と見られないような演技を求めていた。俳優たちと会話をしながら正解がない中で試行錯誤した、ぜいたくな時間だった」と話した。

 三宅監督は、12、13日の両日に函館市内をロケ地に行われるスマートフォンで映画を製作するワークショップに合わせて来函。「初対面同士の製作陣で、どんなものが生まれるか楽しみ」と期待する。

 トークショーの後は、パンフレット購入者に三宅監督が直筆でサインをプレゼントした。同館では12〜18日の午後8時40分から同作をアンコール上映する(13日を除く)。

提供 -

その他の新着ニュース

前のページにもどる   ニュースをもっと読む



ご注意:
●掲載している各種情報は、著作権者の権利を侵さないよう配慮の上掲載されるか、又は、各情報提供元の承諾の元に掲載されています。情報の閲覧及び利用については「免責事項」をよくお読み頂いた上で、承諾の上行って下さい。
●掲載中の情報の中には現在有効ではない情報が含まれる場合があります。内容についてはよくご確認下さい。

ページ先頭へ

e-HAKODATE .com
e-HAKODATEは、函館市道南の地域情報や函館地図、旅行観光情報、検索エンジンなど、函館道南のための地域ポータルサイトです