どんど焼きで無病息災願う 函館八幡宮

update 2019/1/8 07:04


 道南地域の神社で7日、無病息災を願って正月のしめ飾りなどを焼く「どんど焼き」(焼納祭)が開かれた。函館八幡宮(川見順春宮司)でも、多くの参拝者が訪れた。

 どんど焼きは、全国的に小正月の1月15日に開かれるが、道南では「松の内」最終日の7日に執り行われる。

 開始の午前9時が近づくと、参拝者が続々と同八幡宮に訪れた。灰が周囲に飛ばないように設けられた「忌床(いみどこ)」には熊手が並べられ、しめ飾りが積まれた。神職が祝詞を挙げた後に火が付けられた。参拝者は燃え盛る炎に手を合わせ、煙を頭にかけるなどして無病息災を祈った。

 住吉町の池田宗雄さん(63)は「昨年は病気にかかり、家族にも迷惑をかけた。今年は家族全員が平和でいられることを願っている」と話していた。

提供 -

その他の新着ニュース

前のページにもどる   ニュースをもっと読む



ご注意:
●掲載している各種情報は、著作権者の権利を侵さないよう配慮の上掲載されるか、又は、各情報提供元の承諾の元に掲載されています。情報の閲覧及び利用については「免責事項」をよくお読み頂いた上で、承諾の上行って下さい。
●掲載中の情報の中には現在有効ではない情報が含まれる場合があります。内容についてはよくご確認下さい。

ページ先頭へ

e-HAKODATE .com
e-HAKODATEは、函館市道南の地域情報や函館地図、旅行観光情報、検索エンジンなど、函館道南のための地域ポータルサイトです