函館航空基地で年頭訓練 1管本部

update 2019/1/5 06:49


 第1管区海上保安本部函館航空基地(岩澤博基地長)の年頭訓練が4日、同基地で行われ、要救助者をヘリコプター「くまたか」に収容する訓練を披露した。

 訓練は同基地所属の機動救難士が参加。約15メートル上空のヘリコプターからロープをつり下げ、要救助者役の隊員を抱えるように収容する訓練を2回繰り返した。

 同基地では昨年、43件の海難救助に出動し、17人を救助した。小本泰三上席機動救難士は「安全第一、基本に忠実にすることを心掛けた。海難救助では『自分たちの他に誰が助けるのか』という意気込みで臨みたい」と話していた。

 訓練に先立ち、岩澤基地長が基地所属の海上保安官を前に訓示し、「訓練やパトロールに愚直に取り組んでほしい。災害派遣でも持てる能力を発揮して」と述べた。

提供 -

その他の新着ニュース

前のページにもどる   ニュースをもっと読む



ご注意:
●掲載している各種情報は、著作権者の権利を侵さないよう配慮の上掲載されるか、又は、各情報提供元の承諾の元に掲載されています。情報の閲覧及び利用については「免責事項」をよくお読み頂いた上で、承諾の上行って下さい。
●掲載中の情報の中には現在有効ではない情報が含まれる場合があります。内容についてはよくご確認下さい。

ページ先頭へ

e-HAKODATE .com
e-HAKODATEは、函館市道南の地域情報や函館地図、旅行観光情報、検索エンジンなど、函館道南のための地域ポータルサイトです