函館ニュースヘッドライン函館地域ニュース by 函館新聞社

赤川の小水力発電 来月完成

update 2016/2/23 10:14


 函館市企業局経営懇話会が22日、同局庁舎で開かれた。上下水道部は赤川高区浄水場(赤川町)の敷地内で整備を進めている小水力発電設備について、3月下旬の完成、10月をめどに売電を開始する考えを示した。売電先は新電力事業者を含め、入札で決定する。

 発電施設は取水先の新中野ダムとの約100メートルの高低差を利用して、流水の水圧で水車を回して発電する仕組み。総事業費約5億円をかけて整備を進めている。

 最大出力は199キロワットで、年間発電量は、一般家庭260世帯の年間使用電力量に相当し、今後20年間の平均値で約140万キロワット時を見込む。新年度の水道事業会計予算案の収益的収入に、売電を開始する10月以降の半年間に75万1872キロワット時分の販売を見込み、収入として2760万円を計上している。

 売電先は当初、北海道電力を想定していたが、新電力事業者を含めて入札で決定する方針。同部は国の再生エネルギーの固定価格買い取り制度での売価1キロワット時当たり34円以上での販売を期待する。同部は「浄水施設であるため、24時間稼働でき、1年を通じて安定した発電が期待できる」としている。

 この日の経営懇話会で三浦汀介会長は「自然エネルギーの利用として魅力的な話題。学校教育現場にも(教材として)取り組みをアピールしてはどうか」と述べた。

提供 - 函館新聞社

その他の新着ニュース

前のページにもどる   ニュースをもっと読む



ご注意:
●掲載している各種情報は、著作権者の権利を侵さないよう配慮の上掲載されるか、又は、各情報提供元の承諾の元に掲載されています。情報の閲覧及び利用については「免責事項」をよくお読み頂いた上で、承諾の上行って下さい。
●掲載中の情報の中には現在有効ではない情報が含まれる場合があります。内容についてはよくご確認下さい。

ページ先頭へ

e-HAKODATE .com
e-HAKODATEは、函館市道南の地域情報や函館地図、旅行観光情報、検索エンジンなど、函館道南のための地域ポータルサイトです