函館ニュースヘッドライン函館地域ニュース by 函館新聞社

道南の重大ニュース2016・下半期

update 2016/12/31 08:01


元横綱千代の富士死去(7月、11月)

 大相撲の元横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が7月、東京都内の病院で死去した(享年61)。九重親方の出身地・福島町は突然の訃報に大きなショックに包まれた。11月には町総合体育館で町葬「お別れ会」が行われ、秋元さんと親交のあった町民ら約400人が、角界で数々の功績を残した郷土の英雄をしのんだ。

参院選道選挙区で民進党が2議席奪取、比例横山氏は2選(7月)

 参院選道選挙区(改選数3)は自民党現職の長谷川岳氏がトップ当選。民進党現職の徳永エリ氏も再選、民進党新人で元経産相の鉢呂吉雄氏が3位で当選し、民進党が2議席を確保。比例区では元函館市区道議の公明党現職、横山信一氏が2期目の当選を決めた。

函館市内ホテル買収相次ぐ(7月、8月)

 函館市内のホテル業界で事業譲渡の動きが相次いだ。旧ロワジールホテル函館を買収したケン・コーポレーション(東京)は、米国の大手ホテルチェーンとフランチャイズ契約を締結し、名称を「フォーポイントバイシェラトン函館」に改称。函館国際ホテルを所有していた恵庭開発(札幌)は、米国の投資会社に全株式を売却。全国で約70の宿泊施設を展開するマイステイズ・ホテル・マネジメント(東京)が運営を行うことになった。

台風10号渡島半島接近、各地で被害(8月)

 日本の南海上を“右往左往”した後、東北の太平洋側から初上陸した台風10号が暴風域を伴ったまま渡島半島に接近。道南は広い範囲で被害が発生した。各地で倒木が相次ぎ、6万戸以上で停電。森町など噴火湾沿岸の2市6町ではホタテ養殖業に甚大な被害を受けた。道の速報値による水産業被害は、渡島管内で36億7779万円、桧山管内で653万円。函館市は復旧経費総額を2億3702万円とした。

函館駅前市有地整備、大和ハウス工業がホテルと商業施設を計画(10月)

 函館市が募集したJR函館駅前の市有地約1万平方メートルを活用した事業計画で、大和ハウス工業東京本店が提案した300室程度のホテル棟と飲食・物販施設が入る商業棟からなる複合開発の提案が採用された。12月に市とJRとの3者で事業協定を締結。2017年秋の着工を目指している。

函館商工会議所、久保新会頭に(10月)

 函館商工会議所の新会頭に久保俊幸氏が就任した。副会頭には留任の境勝則氏に加えて、函館空港ビルデングの水島良治社長と五稜郭タワーの中野恒社長、村瀬鉄工所の村瀬充社長を選任。戦後生まれの5人の正副会頭が函館の経済界をリードすることになった。2期6年会頭を務めた松本栄一氏は名誉会頭となった。

上磯中が2年連続3回目の金賞(10月)

 名古屋市で開かれた第64回全日本吹奏楽コンクール中学校の部で、北斗上磯中学校吹奏楽部が2年連続3度目の金賞を受賞した。昨年に続きC・T・スミスの「華麗なる舞曲」を自由曲に選び、プレッシャーをはねのけ栄冠に輝いた。

地域ブランド調査で函館市が3年連続魅力度1位に(10月)

 民間シンクタンクのブランド総合研究所(東京)の「第11回地域ブランド調査2016」で、函館市は14年から3年連続となる全国1000市区町村で最も魅力的な都市に選ばれた。観光意欲度や食の項目で高い評価を得て、同研究所は「北海道新幹線開業を契機に函館に行ってみたいという気持ちが高まっている」と分析した。

函館市西旭岡町で女性殺人(10月)

 函館市西旭岡町1の無職、岸田友子さん(68)が自宅で何者かに殺害された。室内に争ったような目立った跡はなく、物品盗難の有無については犯行前の様子を知る人が少ないことで特定は難しい模様。目撃情報から、殺害されたのは岸田さんが発見された数時間前の可能性が高い。

函館市内でアスベストを含む断熱材剥離問題(11月)

 函館市の小中学校で、アスベストを含む断熱材の剥離が相次いで発覚。16校で一時簡易給食や代替暖房導入などの措置が取られた。市教委が飛散防止措置の遅れや調査の不十分さについて陳謝し、市でも公共施設の緊急点検を行うなど波紋を広げた。

JR函館駅前に3カ所の公益施設が開設(11月)

 函館市がJR函館駅前に「はこだてみらい館」「はこだてキッズプラザ」「ふらっとDaimon」の3施設を開設した。駅前地区のにぎわい創出に向け、新たな人の流れを生み出す役割が期待されている。

リオで活躍の辻、池崎両選手に市栄誉賞贈呈(11月)

 函館市はリオパラリンピックで活躍した函館市出身の2選手に市栄誉賞を贈呈した。受賞したのは女子陸上短距離(T45=片前腕切断など)400メートルの辻沙絵選手(日体大4年、22)とウィルチェアー(車いす)ラグビー日本代表の池崎大輔選手(38)=札幌在住=で、2選手は五輪として道南勢初となる銅メダルを獲得した功績がたたえられた。辻選手は七飯町からも町民栄誉賞が贈られた。

バニラ・エアが函館線開設を発表(11月)

 格安航空会社(LCC)バニラ・エアは来年2月19日から函館―成田線、3月18日から函館―関西線を新規就航すると発表した。函館空港に国内LCCの乗り入れは初めて。ともに1日1往復で、関西線は当面の間、需要が見込まれる時期の季節運航となる見通し。

函館市医師会がリバビリ専門職の養成学校新設へ(12月)

 函館市医師会が、五稜中学校跡(田家町)に、リバビリテーション専門職の理学療法士と作業療法士を養成する専門学校の新設を決めた。両課程とも3年制で、定員は1学年各40人程度を予定。2019年度の開校を目指している。検診検査センター(湯川町)も同敷地内に移転する計画。

函館山ロープウェイで死亡事故(12月)

 函館市元町の函館山ロープウェイ山麓駅で、運行会社の函館山ロープウェイの男性従業員がゴンドラの滑車と車輪止めの間に挟まり、骨盤骨折などで市内の病院に運ばれたが、死亡が確認された。同社は事故後、事故再発防止策を取りまとめるなどし、1週間後に営業を再開した。

道南スルメイカ不漁(12月)

 空前の不漁に見舞われた今季の道南スルメイカ漁がほぼ終了。来年1月末まで続く漁で、今後漁獲の好転が見込めないと判断、出漁する船もほとんどなく年内で実質終了を迎えた。函館市水産物地方卸売市場での生鮮スルメイカ取扱量は、過去最低の更新が濃厚だ。

提供 - 函館新聞社

その他の新着ニュース

前のページにもどる   ニュースをもっと読む



ご注意:
●掲載している各種情報は、著作権者の権利を侵さないよう配慮の上掲載されるか、又は、各情報提供元の承諾の元に掲載されています。情報の閲覧及び利用については「免責事項」をよくお読み頂いた上で、承諾の上行って下さい。
●掲載中の情報の中には現在有効ではない情報が含まれる場合があります。内容についてはよくご確認下さい。

ページ先頭へ

e-HAKODATE .com
e-HAKODATEは、函館市道南の地域情報や函館地図、旅行観光情報、検索エンジンなど、函館道南のための地域ポータルサイトです