函館ニュースヘッドライン函館地域ニュース by 函館新聞社

いか踊り作曲 高橋徹さん死去

update 2016/2/21 10:26


 函館市民に広く知られている「函館いか踊り」の作曲者で、埼玉県越谷市在住の音楽プロデューサー、高橋徹(あきら)さんが15日午前7時43分、大腸がんのため同県内の病院で死去した。62歳。通夜、告別式は20日までに終了した。

 高橋さんは1953年12月、東京都出身。1980(昭和55)年、旅先で訪れた函館でいか踊りの発案者の一人、吉川平八郎さん(68)らと知り合い、依頼を受けたことをきっかけにいか踊りの作曲を手掛けた。86年には自ら歌を吹き込んでレコード化、さらにはCD化され、函館市民に踊りを浸透させた。

 毎年8月の「函館港まつり」では、メーン行事「ワッショイはこだて」のいか踊り自由参加に毎年欠かさず参加し、盛り上げ役のアキラさん≠ニして多くの市民に親しまれた。

 高橋さんの突然の死に、函館いか踊り実行委の関係者らは大きな悲しみに包まれた。二人三脚でいか踊りを広めた前委員長の平八郎さんは、取材に対し「アキラがいなければ、いか踊りはこれほど大きくならなかった。思い出は一言では言えない。ありがとうという思い」と涙ながらに語り、盟友をしのんだ。

 今年1月には東京ドームで開かれた「ふるさと祭り東京」の会場でいか踊りを披露するなど、元気な姿を見せていた。吉川久康委員長(44)は週明けに対応を協議するとし「こんなに急に亡くなるとは思っていなかった」と、沈痛の面持ちで話した。

提供 - 函館新聞社

その他の新着ニュース

前のページにもどる   ニュースをもっと読む



ご注意:
●掲載している各種情報は、著作権者の権利を侵さないよう配慮の上掲載されるか、又は、各情報提供元の承諾の元に掲載されています。情報の閲覧及び利用については「免責事項」をよくお読み頂いた上で、承諾の上行って下さい。
●掲載中の情報の中には現在有効ではない情報が含まれる場合があります。内容についてはよくご確認下さい。

ページ先頭へ

e-HAKODATE .com
e-HAKODATEは、函館市道南の地域情報や函館地図、旅行観光情報、検索エンジンなど、函館道南のための地域ポータルサイトです