函館ニュースヘッドライン函館地域ニュース by 函館新聞社

市電・函バスのICカード、西鉄の全国相互システム活用

update 2016/3/31 10:12


 函館市企業局は、市電と函館バスで導入する交通系ICカードシステム導入業務の委託先候補に「にしてつグループ交通系ICカードシステム導入業務連合体」を選定したと発表した。「全国相互10カード」に対応し、九州の交通事業者で導入している「nimoca(ニモカ)」のシステムが採用されることになった。新たにカードを取得する市民や、10カードを持つ観光客ら双方に利便性が高く、2017年3月末までのサービス開始を目指す。

 同連合体は、福岡県に本社を置く大手私鉄「西日本鉄道」のグループ会社4社で構成し、代表法人は「株式会社ニモカ」。市企業局と函館バスが合同で1月に募集を開始したプロポーザルには同連合体など2者の参加があり、今月22日の審査委員会で同連合体を候補事業者に選定した。

 プロポーザルでは、JR東日本の「suica(スイカ)」に代表される全国の大手鉄道事業者間で相互利用が可能な方式か、10カード所持者の市電・バス利用を可能とする「片利用方式」での提案を求めていた。

 「ニモカ」は西鉄をはじめ、九州各地の鉄道・軌道・バス事業者で導入されている。函館で今後発行されるカードは、例えば東京都内のJRや私鉄でも利用可能となる。渡島・桧山管内約270カ所のコンビニやドラッグストア、スーパーなどでICカードへの入金(チャージ)可能な環境も評価された。

 今後、5月下旬の正式契約締結に向けた協議と、国への補助金申請を進め、車載機器整備など17年3月末までの運用開始を目指す。17年度には定期券サービスを導入する。同局経営企画課は「利便性が高く、市民にも幅広く利用してもらえるカードとしたい」としている。

提供 - 函館新聞社


その他の新着ニュース

前のページにもどる   ニュースをもっと読む



ご注意:
●掲載している各種情報は、著作権者の権利を侵さないよう配慮の上掲載されるか、又は、各情報提供元の承諾の元に掲載されています。情報の閲覧及び利用については「免責事項」をよくお読み頂いた上で、承諾の上行って下さい。
●掲載中の情報の中には現在有効ではない情報が含まれる場合があります。内容についてはよくご確認下さい。

ページ先頭へ

e-HAKODATE .com
e-HAKODATEは、函館市道南の地域情報や函館地図、旅行観光情報、検索エンジンなど、函館道南のための地域ポータルサイトです