函館ニュースヘッドライン函館地域ニュース by 函館新聞社

北斗星の車両 北斗市に残す

update 2016/3/29 10:24


 【北斗】市民有志による任意団体「『北斗の星に願いを』推進委員会」(澤田導俊代表)は28日、昨年8月に廃止されたJR寝台特急「北斗星」(上野―札幌間)の車両を、市内茂辺地地区に誘致・保存する計画を正式発表した。市に新たな観光資源をつくる狙いで、旧茂辺地中学校グラウンドに設置する。資金調達の手法「購入型クラウドファンディング」を活用、同日に募集を始めた。

 澤田代表(36)=澤田米穀店専務取締役=が、市商業活性化支援センターで記者会見した。「多くの人の思い出が詰まった寝台車を、文化遺産として後世に残す」と強調。市有地を無償で借り、車両に関してもJR北海道から譲渡の内諾を得ている。5〜6月に設置、7〜8月にセレモニーを予定している。

 設置後の維持管理費は、グラウンドと隣接する体育館を使ったキッズパークなどのイベント開催で捻出。地元住民が、車両でのカフェや物販による収益事業化と雇用創出を目指す。

 資金調達目標は最低1000万円で、ホームページ( http://www.hokuto-star.jp/ )を窓口にしたクラウドファンディングと現金書留の2つの方法を使う。4月30日までに目標額に到達しなかった場合は、協力者に返金する。クラウドファンディングは5000円〜100万円を設定、JR北が所有する北斗星のマークが入ったオリジナルコースターやバックタグなどを贈る。

 会見に同席した市商工会の宮崎高志会長は「うまくいってほしい」と願いを込め、茂辺地町内会の山本昭宣会長(72)は「地域創生の起爆剤となれば」、高谷寿峰市長は「道南いさりび鉄道の利用者増につながると期待したい」と述べた。

 郵送先は、〒049・0161、北斗市飯生3の4の1、北斗市商工会「北斗の星に願いを推進委員会」。問い合わせは市商工会(TEL0138・73・2408)へ。

提供 - 函館新聞社

その他の新着ニュース

前のページにもどる   ニュースをもっと読む



ご注意:
●掲載している各種情報は、著作権者の権利を侵さないよう配慮の上掲載されるか、又は、各情報提供元の承諾の元に掲載されています。情報の閲覧及び利用については「免責事項」をよくお読み頂いた上で、承諾の上行って下さい。
●掲載中の情報の中には現在有効ではない情報が含まれる場合があります。内容についてはよくご確認下さい。

ページ先頭へ

e-HAKODATE .com
e-HAKODATEは、函館市道南の地域情報や函館地図、旅行観光情報、検索エンジンなど、函館道南のための地域ポータルサイトです