函館ニュースヘッドライン函館地域ニュース by 函館新聞社

木古内の道の駅 7万人目は新幹線利用者

update 2016/3/28 10:24


 【木古内】北海道新幹線木古内駅近くにある町観光交流センター、道の駅「みそぎの郷きこない」(浅利文博センター長)の来場者が27日、7万人を達成した。16日に5万人を記録したばかりで、11日間で2万人が来館。新幹線開業という世紀の事業から一日明け、町は開業効果を実感している。

 同施設は渡島西部・桧山南部9町の広域観光の拠点として今年1月にオープン。各町の特産品や、世界の料理人1000人に選ばれた奥田政行シェフが監修を務める、イタリアンレストラン「どうなんデス」があり、人気を集めている。

 この日の午後1時半ごろ、大森伊佐緒町長や同施設運営法人の北島孝雄理事長、浅利センター長らが歓迎する中、7万人目が来館。館内アナウンスが節目の来場者達成を告げると、拍手が起こった。

 幸福を手にしたのは、愛知県在住で、開業日に東京発の一番列車「はやぶさ1号」に乗車したという会社員の伊藤宏紀さん(27)。大森町長らから町特産品の詰め合わせセットを受け取り、「ただただ驚き、一生の思い出になった。新幹線の乗り心地も良く、道南観光も楽しめた。いさりび鉄道も体験します」と笑顔で話した。

提供 - 函館新聞社

その他の新着ニュース

前のページにもどる   ニュースをもっと読む



ご注意:
●掲載している各種情報は、著作権者の権利を侵さないよう配慮の上掲載されるか、又は、各情報提供元の承諾の元に掲載されています。情報の閲覧及び利用については「免責事項」をよくお読み頂いた上で、承諾の上行って下さい。
●掲載中の情報の中には現在有効ではない情報が含まれる場合があります。内容についてはよくご確認下さい。

ページ先頭へ

e-HAKODATE .com
e-HAKODATEは、函館市道南の地域情報や函館地図、旅行観光情報、検索エンジンなど、函館道南のための地域ポータルサイトです