旧シーポートプラザ(2013年解体)

旧シーポートプラザ(2013年解体)

旧シーポートプラザは、青函連絡船乗り場・待合室だった建物を1988年の青函連絡船廃止後に改装、様々なテナントが入居する複合商業施設として1990年オープン。
旧シーポートプラザ(2013年解体)と摩周丸その後、函館麦酒工房(その後事業清算)の地ビール「Beelong’s(ビロングス)」ブランドのレストラン・ビール製造施設、2005年春には国内最大級のクラシックカー博物館を備える「クイーンズポートはこだて」としてなどなど、主に集客型の商業施設として様々に活用されました。2008年より閉鎖されていましたが、2013年冬からの工事で解体されました。

 

土地所有者であるJR北海道の意向として、跡地は当面は駐車場としての利用を予定しているとのこと。
隣接する函館市青函連絡船記念館摩周丸は現在も営業中です。

夕暮れ~日没後の旧シーポートプラザを撮影したタイムラプス(インターバル撮影)ムービーをYoutubeにて公開中です。

旧シーポートプラザ(2013年解体) スポットデータ

住所 函館市若松町12
関連サイト・リンク

関連リンク

e-HAKODATE所有の写真は以下のフォトアーカイブからも探せます

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい