旧開拓使函館支庁書籍庫

旧開拓使函館支庁書籍庫

1907年の函館大火にあっても燃えなかった鉄の防火扉と小さな窓を備えた蔵風の建物。しかし煉瓦づくりであり、この煉瓦は開拓使が明治5年に創設した茂辺地煉瓦石製作所の製品を使用しています。(煉瓦に製造所と製造年を示す小さな刻印があります)

煉瓦の積み方がフランス積みとなっているなど、意匠や技法が特徴的で、日本のレンガ造りの歴史を伝える貴重な建築物といえるとのことです。

旧開拓使函館支庁書籍庫 スポットデータ

住所 函館市元町12-1

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい