船魂神社

船魂神社

日和坂を登り切ったその先にある神社。1135年に流れ着いた良忍上人という高層が、「この場所には神霊が宿っている」と里人に言い伝えたことから始まった。海流の厳しい津軽海峡の海上安全を願って神社を祀ったと云われる北海道最古の神社。
源義経が北海道、当時の蝦夷地に渡る途中、この船魂明神の加護を受けて無事に函館に着くことができたという義経伝説もある。

船魂神社 スポットデータ

住所 函館市元町7-2

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい