旧ロシア領事館

旧ロシア領事館

急勾配の幸坂を登った通り沿い、山へ向かって右手に位置する建物。レンガ造りの重厚な和洋折衷の建築様式を取り入れている。高い塀と樹木に覆われた和洋折衷の建物は函館ならでは。

元々は1906年に日本最初のロシア領事館として建てられ、その後1908年に大火で失ったものを再建されたもの。ロシア革命後にソ連領事館となり、最後の領事が本国へと引き上げる1944年まで使用されていた。その後、1964年から1996年までは青少年宿泊研修施設として使用されていたが2013年現在は外観のみ見学可能となっている。それゆえ、内部で撮影が行われた「つむじ風食堂の夜」の映像は貴重。

2016年3月現在、函館市により修繕保存と活用のための施策が進められている。

旧ロシア領事館 スポットデータ

住所 函館市船見町17-3
電話 0138-21-3323
営業時間ほか

外観のみ見学可能

関連サイト・リンク

ロケが行われた作品

参考サイト

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい