高橋掬太郎歌碑

高橋掬太郎歌碑

高橋掬太郎が作詞し、函館で生まれた「酒は涙か溜息か・・・」を記念するため、昭和36年に有志により建立された歌碑。もともとは宝来町にあった「蓬莱温泉ホテル」内に建てられたものだったが、平成10年にこの場所に移設。碑に書かれているのは高橋掬太郎の真筆である。
高橋掬太郎とは、大正11年に函館日日新聞社に入社し勤務する傍ら、詩や小説、脚本などを手がけていた人物。昭和6年に函館の当時の繁華街「銀座通」をモデルにしたという「酒は涙か溜息か・・・」の歌詞がコロムビア・レコードに採用されたことから専属作詞家として昭和45年に69歳で無くなるまでにおよそ3000の詩を残した。

高橋掬太郎歌碑 スポットデータ

住所 函館市宝来町 宝来町電停そば

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい