中華会館

中華会館

明治43(1910)年に建てられた現存する日本唯一の純中国様式建造物。当時中国から、職人・工人を招き、資材を取り寄せ、関帝廟形式の集会場として造られた内部は、金と朱の彩色と、細やかな彫刻が施された調度品など、燦然とした中にも厳粛な雰囲気。

かつては一般開放されていたが、入場者の減少や建物の老朽化を理由に2013年現在、一般公開を休止している。外観のみ見学可。

中華会館 スポットデータ

住所 函館市大町1-12

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい