外人墓地(プロテスタント墓地、ロシア人墓地)

外人墓地(プロテスタント墓地、ロシア人墓地)

市営バス停「高龍寺前」から徒歩2分、函館湾の入口を見下ろす高台にある。嘉永7年(1854)、ペリー艦隊来航のとき死んだ2人の水兵の埋葬場所に提供したのがこの場所だった。

明治3年(1870)、在函5ヵ国の領事からの要望で正式に外国人墓地として定められ、道をはさんで山側がロシア人墓地。海側のプロテスタント墓地にはイギリス・ドイツ・アメリカ・イタリア人などの墓地があり、安政6年(1859)の開港から明治にかけて、国際港として一翼を担った函館の華やかな側面を物語る。ロシア人墓地の斜め向かい、レンガ塀の中の祀堂は中国人墓地となっている。

日本の墓地とは少し雰囲気が異なる墓石が並ぶため異国情緒を感じさせる場所となり、映画ロケ地としても頻繁に使われるようになった。
ロケ地として使用された映画は、「スノーフレーク」(MovieWalker)、「LittleDJ」(MovieWalker)、「海猫」(MovieWalker)、「星に願いを。」、「ほとけ」(MovieWalker)など。

外人墓地(プロテスタント墓地、ロシア人墓地) スポットデータ

住所 函館市舟見町23
関連サイト・リンク

関連リンク

【ロケが行われた作品】
スノーフレーク(MovieWalker)
LittleDJ(MovieWalker)
海猫(MovieWalker)
星に願いを。
ほとけ(MovieWalker)など。
【参考サイト】
はこだてフィルムコミッション
函館港イルミナシオン映画祭

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい