護国神社坂

護国神社坂

電車通と直角に交わり、どっかりと幅が広く坂の上には護国神社の鳥居が街を守っているようにも見える坂。ふもとには江戸時代の豪商・高田屋嘉兵衛の銅像が立ち、毎年夏に行われる高田屋嘉兵衛祭の会場にもなっている。

坂の上に汐見町があったことから別名「汐見坂」とも呼ばれる。また、かつては坂に面して門を立てると倒産するといういわれがあったために「倒産坂」とも呼ばれていた。

護国神社坂 スポットデータ

住所 函館市青柳町

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい