引き出しの中のラブレター

仕事のことで父親と喧嘩。そして絶縁してしまったまま永遠の別れを迎えてしまったラジオパーソナリティーの久保田真生。失意の中、父親が他界する前に遺した手紙が届くが、なかなか開くことができない真生。そんな折に番組に届いた北海道の高校生・直樹の「祖父を笑わせたい」という手紙に自分を重ねあわせ、真生は「引き出しの中のラブレター」という企画を立てる。

心の奥底に隠された「想い」は、ラジオを通じて届くのか──
函館の素朴な風景と東京の都会的な景色の対比が印象的な作品。2009年公開。