箱館丸

箱館丸

幕末に箱館奉行所によって建造された西洋式帆船で、日本で建造された初期の洋式船の1つ。主に箱館奉行の交代や日本各地の測量などに利用されていた。乗船定員は27人、または36人だったという記録が残っているという。また、測量の他にも西洋式の捕鯨に挑戦しようした記録も。最終的には明治維新後の1869年8月頃、樺太で暴風に遭い大破し、焼却処分された。

現在展示されているものは、1988年の青函トンネル開通記念博覧会の際に復元されたもので、青函博終了後に箱館丸を建造した船大工・続豊治の子孫が買い取り、函館市に寄贈したもの。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

箱館丸 スポットデータ

住所 北海道函館市大町14-13

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい