タウン誌「街」(廃刊)

1961年に函館の作家・故木下順一氏により創刊された、北海道内タウン誌の先駆けとも言われるミニコミ誌。
2005年に木下氏が亡くなり一度は休刊となったが、2006年10月に以前から編集に関わっていた仲間4人の手により復刊。以後季刊として発行中。 市内の書店などで手に入れることができる。

※2011年10月、創刊50周年にあたる2012年の秋号で廃刊することが決まった。
スタッフの高齢化、さらには2011年の東日本大震災の影響もあっての広告収入の激減が主な理由という。

廃刊についての報道記事▼
毎日新聞
タウン誌:「街」廃刊へ 来年秋号で、創刊50年の節目に幕--函館 /北海道
北海道新聞社
函館のタウン誌「街」 来秋、50年で廃刊 広告減など響く


タウン誌「街」(廃刊)の詳細

価格 350円 (定価 350円)
メーカー 「街」編集室
作者 「街」編集室
発売日 3、6,9,12月の1日