06年完成予定の新五稜郭タワー 五角形のデザインで高さ98メートルに

2004/6/22
 隣接地へのタワー建て替えを計画していた五稜郭タワー(本社・函館市五稜郭町、中野豊社長)は21日、新タワーの概要を発表した。五稜郭にちなみ、五角形にデザインしたうえ、高さを倍の98メートルにし、五稜郭公園を一望できるようにする。工事着工は11月で、オープンは2006年4月を予定。建設中、新旧タワーが並ぶ時期もあり、現タワーのお別れ会も企画している。

 観光施設を兼ねた3階建ての社屋を併設する。展望台は2層構造とし、広さは両フロア合わせて約880平方メートルで、現在の6倍。エレベーターを2基に増やし、一度に1000人の見学が可能になる。

 現タワーの跡地には、イベント広場を設ける考え。ガラス張りの施設で、ベンチなどを置き市民や観光客の憩いの場とする。年間来場者は昨年72万人だったが、オープン後は100万人を見込んでいる。中野社長は「市民と観光客の交流の場になれば」と話している。

 総事業費は約30億円。展望台へのエレベーターの料金は、210円値上げし、840円にする。建て替えは10年前から検討しており、昨年資金のめどが立ち、設計に着手。今年5月に基本設計をまとめていた。

提供:函館新聞社

ニュース一覧へ戻る



函館ニュースヘッドライン



(C)e-HAKODATE