健康や合格「おっぱい」に願い事 知内・女性だけの「十七夜講」

update 2019/1/18 07:14


 【知内】町元町の雷公神社(大野格宮司)で17日、女性だけの神事「十七夜講」が行われた。町内外から訪れた女性たち約30人が、今年一年の家内安全や健康などを祈願した。

 「十七夜講」は授乳や安産にご利益があるといわれる知内公園の「姥杉(うばすぎ)」ゆかりの祭りで、米粉を湯で練って乳房型にかたどった「おしとぎ」を2つ神前に供えることから、「おっぱい祭り」の異名がある。

 この日は朝から、氏子の女性ら9人が集まっておしとぎを作り、神前に供えた。午後に神事が執り行われ、大野宮司がおしとぎの供えられた祭壇を前に、参拝者や寄付を寄せた人たちの名を盛り込んだ祝詞を上げ、参列した女性たちが玉串をささげた。神事の後、氏子の女性たちがおしとぎにお神酒をかけて細かくちぎり、参拝者に配った。

 遺愛女子高校2年の帰山千寛(ちひろ)さん(17)=町重内=は「同級生と2人で、志望校合格を祈願した」と話していた。

提供 - 函館新聞社

その他の新着ニュース

前のページにもどる   ニュースをもっと読む



ご注意:
●掲載している各種情報は、著作権者の権利を侵さないよう配慮の上掲載されるか、又は、各情報提供元の承諾の元に掲載されています。情報の閲覧及び利用については「免責事項」をよくお読み頂いた上で、承諾の上行って下さい。
●掲載中の情報の中には現在有効ではない情報が含まれる場合があります。内容についてはよくご確認下さい。

ページ先頭へ

e-HAKODATE .com
e-HAKODATEは、函館市道南の地域情報や函館地図、旅行観光情報、検索エンジンなど、函館道南のための地域ポータルサイトです