函館の観光情報もっと世界に 市のサイト「はこぶら」10言語に対応

2012/4/3
 函館市の公式観光情報サイト「はこぶら」が4月から、これまでの6種類の言語に、フランス語やドイツ語、スペイン語など新たに5つの言語が追加され、日本語以外に計10種類の言語に対応した。外国人向けに見どころなどを凝縮した専用ページを開設することで、幅広い外国人観光客の誘致を目指す。

 市ブランド推進課によると、11種類の言語に対応した観光情報サイトは道内では初めて。昨年5月にフランスの旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で「函館山からの眺望」が三ツ星を獲得するなど高い評価を受けたこと機に外国語ページの拡充を決めた。

 サイトは日本語のページとは別に、外国語版として観光情報を分かりやすく集約した専用ページを作成。これまでの英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、ロシア語に加えて、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、タイ語の5種類を増やした。

 専用ページでは函館の四季ごとのイベントや体験プログラムのほか、グルメや宿泊先の情報を写真付きで紹介している。市は年間委託料990万円でサイトの企画、運営を市内の民間企業2社に委託。外国語版は昨年度から道観光振興機構の補助金などを活用し、昨年度から60万円かけてリニューアルした。

 はこぶらは2008年12月に開設。1年間のアクセス数は約39万件で、札幌や首都圏を中心にアジア、欧米からのアクセスもある。同課は「サイトを通じて函館ブランドが世界に定着してほしい」としている。アドレスはhttp://www.hakobura.jp/

提供:函館新聞社

ニュース一覧へ戻る



函館ニュースヘッドライン



(C)e-HAKODATE