北大水産学部の5人表彰

update 2003/4/15 10:45

 1−5日に東京で開かれた日本水産学会の大会で、北大水産学部の山崎文雄名誉教授(68)=函館市文化・スポーツ振興財団理事長=ら5人が表彰された。同大からは昨年度も3人が表彰を受けているが、5人は過去最多で、関係者は喜びに沸いている。

 同学会には水産学に携わる研究者、技術者が加盟。国内外に約3500人が会員登録している。同大会は毎年開催され、各研究テーマで成果を挙げた会員に、功績、進歩、奨励、田内、技術の5賞を贈っている。

 山崎名誉教授は、魚類の生殖機能や性別コントロールなどの長年の研究で功績賞に輝いた。1992年から9年間、同学会の評議員や理事を務めたことなども評価された。

 荒井克俊教授(49)は、染色体操作で、養殖に適した魚の改良に成功し、進歩賞の一般部門を受賞した。質の養殖魚の育成に取り組んでいる。

 尾島孝男助教授(46)は同賞の化学部門で表彰を受けた。ホタテなど貝類のタンパク質の機能を研究。海洋生物の生態を通して人体構造の解明に取り組んでいる。

 山下成治助教授(49)は、漁業生産技術のシステム研究で田内賞に輝いた。漁業従事者の経営や作業の合理化を具体的に提案。地元の経済活性化につながる成果を残した。

 高津哲也助手(37)は漁獲量の増減のメカニズムを研究。函館や木古内に生息するマコガレイなど、種類ごとの適切な生育環境や、稚魚を放流する時期の調査などで、技術賞を獲得した。

 今回の表彰に、山内皓平学部長は「水産学は人間生活に深くかかわるすそ野の広い学問。これを機に、地元の若者が興味を持ってくれたら」と話している。

提供 - 函館新聞社




前のページにもどる   ニュースをもっと読む



ご注意:
●掲載している各種情報は、著作権者の権利を侵さないよう配慮の上掲載されるか、又は、各情報提供元の承諾の元に掲載されています。情報の閲覧及び利用については「免責事項」をよくお読み頂いた上で、承諾の上行って下さい。
●掲載中の情報の中には現在有効ではない情報が含まれる場合があります。内容についてはよくご確認下さい。

e-HAKODATE .come-HAKODATEは、函館市道南の地域情報や函館地図、旅行観光情報、検索エンジンなど、函館道南のための地域ポータルサイトです