新函館北斗駅の立体駐車場、来年4月から有料化へ

update 2017/9/6 07:44


 【北斗】市は、現在無料で利用できるJR新函館北斗駅に隣接する市営立体駐車場(最大収容数584台)について、来年4月から有料とする。今後利用料金を検討し、12月の定例会に利用料金を定めた条例の改正案を提出する。

 昨年の北海道新幹線新函館北斗駅の開業に合わせてオープンした市営立体駐車場は当初、日をまたいで駐車する宿泊利用について1日ごとに500円を徴収する方針で、料金精算機などの設備はすでに設置されている。市営駐車場条例でも利用料金が定められていたが、他の自治体の事例などを踏まえ、新幹線の利用促進や駅周辺への集客を高めるために無料とするよう改め、条例では「当分の間、これを無料とする」との付則が付け加えられている。

 市によると、16年度は21万1721台の利用があり、宿泊利用は5万6149台。本年度は維持費として当初予算で926万円を計上している。来年度からは現在、年度内の稼働開始に向けて設置が進められているエレベーターの維持費などが加わることなどから、有料化に向けて検討を始めた。

 利用料金については「収益を上げる目的ではない」(市水産商工労働課)とし、「有料化に伴う利用者の減少や警備体制の変更、施設整備など総合的に検討する」(同)としている。また、未舗装の屋外駐車場部分やイベント時などの市有地での臨時駐車場については料金を徴収しない方針。

提供 - 函館新聞社

その他の新着ニュース

前のページにもどる   ニュースをもっと読む



ご注意:
●掲載している各種情報は、著作権者の権利を侵さないよう配慮の上掲載されるか、又は、各情報提供元の承諾の元に掲載されています。情報の閲覧及び利用については「免責事項」をよくお読み頂いた上で、承諾の上行って下さい。
●掲載中の情報の中には現在有効ではない情報が含まれる場合があります。内容についてはよくご確認下さい。

ページ先頭へ

e-HAKODATE .com
e-HAKODATEは、函館市道南の地域情報や函館地図、旅行観光情報、検索エンジンなど、函館道南のための地域ポータルサイトです