箱館奉行所

62_Photo1.jpg

江戸幕府の役所として置かれた北辺防備の拠点。当初は函館山のふもとに設置されていたが、1864年に五稜郭内に移転した。その後、1868年に起きた戊辰戦争最後の戦いの舞台となり、1871年には解体された。

現在の建物は2010年に可能な限り当時の材料・工法を用い、20年かけて復元されたもの。内観可能(有料)で、一歩足を踏み入れると江戸時代の張り詰めた、そしてどこかのどかな空気を感じることができる。

箱館奉行所 スポットデータ

住所 函館市五稜郭町44番3号
電話 0138-51-2864
関連サイト・リンク

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい