道南金剛

道南金剛

函館市指定文化財の道南金剛とは、日浦海岸に面する特徴的な断崖絶壁。地学的には柱状節理と呼ばれるもので、マグマが冷えて固まった時にできる規則的な割れ目のことである。

恵山国道を函館から恵山に向けてひた走っていくと、海岸沿いにいくつかのトンネルが掘られており、そのうちの1つに函館から向かって右側に入っていける脇道が見つかる。日浦市街へと向かう旧道であり、特徴的な造形の岩に手で掘ったトンネルが続く細い道だ。
対向車に気をつけながら進むと断崖絶壁が眼前に広がる。これが道南金剛である。かつては採石場として使われていたとのこと。この迫力は実際に生で目にしないことには、なかなか実感できないだろう。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

道南金剛 スポットデータ

住所 函館市日浦町
関連サイト・リンク

関連リンク

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい