高田屋嘉兵衛資料館

高田屋嘉兵衛資料館

寛政8(1796)年に来函後、交易を始めた高田屋嘉兵衛。ロシアとの国交、北洋漁業 の基盤づくり、函館の都市開発に尽力した彼の功績とそれにまつわる品々、当時の日用品などを展示している。

資料館は1903年に建造された1号館と1923年に建造された2号館の2棟で構成される。この場所は高田屋造船所の跡地とされている。

日本で最初に作られたストーブの復元品や、タンスや火鉢などの日用品が展示されている。

【入館料】
大人(高校生以上)300円
子供(小中学生)100円
共通券(北方歴史資料館)500円

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

高田屋嘉兵衛資料館 スポットデータ

住所 函館市末広町13-22
電話 0138-27-5226
営業時間ほか

9:00~17:00(入館は16:30まで)/木曜休館(木曜日が休日の場合は翌日)/12/29~3/31までは冬季休業

関連サイト・リンク

公式サイト又は詳細リンク

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい