称名寺

称名寺

1644年に創建され、現在地には1881年に移った。函館市内では高龍寺の次に古い寺で高田屋嘉兵衛が眠っており、さらに新撰組の土方歳三も供養していることから現在も手を合わせにくる客足が絶えない。

箱館港開港当時にはイギリス・フランスの領事館が置かれていたことも有り、頻繁に歴史に登場する。寺内には北海道最古の石碑といわれる「貞治の碑」も保存されている。

称名寺 スポットデータ

住所 函館市船見町18-14
電話 0138-23-0574

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい