函館市縄文文化交流センター

函館市縄文文化交流センター

2011年にオープンした国内唯一の「国宝のある道の駅」。国道278号線のバイパス沿い、森の中を車で走ると右手に位置するモダンな建物で、24時間利用可能なトイレや駐車場を備えている。
地域の観光・特産品を売る売店、道路状況などの情報の発信をするとともに、併設されている函館市縄文文化交流センターにはこの地域で出土した遺跡が展示されている。中でも2007年に北海道発の国宝に指定された中空土偶が有名。

想像しているよりも多くの遺跡が函館地域から出土していることに驚くと共に、歴史に遠く思いを馳せる時間を持つことができる施設。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

函館市縄文文化交流センター スポットデータ

住所 函館市臼尻町551-1
電話 0138-25-2030
営業時間ほか

9:00~17:00(4/1~10/31)~16:30(11/1~3/31)、毎週月曜・最終金曜・年末年始休み

関連サイト・リンク

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい