旧相馬邸

旧相馬邸

開国の頃活躍した箱館の豪商・相馬哲平が1908年に建築した函館湾を一望できる邸宅。建築には3年かかり、敷地面積は570坪という広さを持つ。この旧相馬邸をはじめ、旧相馬邸付属土蔵・旧相馬邸付属門・旧相馬邸付属板塀が国の指定する歴史的建造物となっている。
2015年5月にはNHKの人気番組「ブラタモリ」にも登場、その歴史と内部が紹介されました。

9:30~18:00までは一般開放し、邸宅内部を見学することができる。入館料は一般600円、中学生以下は200円。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

旧相馬邸 スポットデータ

住所 函館市元町33-2
電話 0138-26-1560
営業時間ほか

9:30~18:00

関連サイト・リンク

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい