香雪園(見晴公園)

香雪園(見晴公園)

見晴公園内にある庭園で北海道内の庭園としては唯一の名勝(平成13年指定)。もともとは明治31年に財産家の岩船峯次郎が私財を投じて築いたもの。そのため、旧岩船氏庭園とも呼ばれることがある。
香雪園というのは、函館を訪れていた当時の知恩院貫主によって命名されたもので「雪の中に梅香る園」という意味が込められている。
紅葉の時期、桜の時期には多くの地元民や観光客が散策を楽しむ市民公園となっている。

香雪園(見晴公園) スポットデータ

住所 函館市見晴町56
関連サイト・リンク

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい