市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)

市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)

1880年に開拓使の茂辺地煉瓦石製造所の煉瓦を使用。1879年の大火によって経営していた洋物店の本店・支店が被災した初代渡辺熊四郎により、西欧と日本の建築技術を駆使し、不燃質店舗として建造された。そのかいあって、明治40年の大火では周囲の不燃質店舗が消失する中、この洋物店だけは類焼を免れたという。

その後、渡辺家より函館市に寄贈され、市立函館博物館郷土資料館として活用されており、中に入ると洋物店として賑わっていた当時の様子を感じさせるジオラマや、当時のままの蔵の様子を味わうことができる。規模は小さいながらも充実した展示物がある資料館。
入館料は大人100円、子供50円。

市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店) スポットデータ

住所 函館市末広町19-15
電話 0138-23-3095
営業時間ほか

営業時間/9:00~16:30(4~10月)、9:00~16:00(11~3月)休館日は月曜日、最終金曜日、祝日、年末年始、展示替え時。

関連サイト・リンク

掲載情報は公式資料や紙媒体、インターネットの情報等を編集したものであり最新情報を反映していない場合があります。必ず公式ウェブサイト等で確認下さい