函館市電は、旧市街の西部地区観光エリアにある十字街から函館駅前・五稜郭公園前(本町)を経由し湯の川電停までの間を5分~10分間隔で運転しています。なお、西部地区の十字街電停からは2ヶ所の終点、「函館どつく前」方面に向かう5番系統と「谷地頭」方面に向かう2番系統分かれるので、乗車の際に確認が必要。
※函館バスとの「乗り継ぎ制度」、乗換え制度あり。
函館市電・函館バスでは2017年春より新しく交通系ICカード「ICAS nimoca(イカすニモカ))」が導入され、利便性が大きく向上しました)

目次

函館市電の主な電停の場所

十字街電停で別れる2路線、函館山に向かって左がブラタモリにも登場した「谷地頭」方向、右が「函館どつく前」方向です。

始発と終電の時間

終電が22時台とちょっと早めなのが残念なところ。夜のお食事から宿泊先へのお帰りでご利用の場合はご注意を。詳しくは函館市公式サイトにある函館市電の時刻表(PDF)をどうぞ。

注:2017年6月時点での情報です。公式サイト等で最新情報を確認下さい

始発・終発(平日)
函館駅前電停 五稜郭公園前電停
始発
元町方面6:36
湯の川方面6:53
 
終発
元町方面22:17
湯の川方面22:40
終発
駅前方面22:01
湯の川方面22:55

 

始発・終発(土・日・祝)
函館駅前電停 五稜郭公園前電停
始発
元町方面6:40
湯の川方面7:01
 
終発
元町方面22:17
湯の川方面22:40
終発
駅前方面22:01
湯の川方面22:55

乗車方法

「中乗り前降り」(一部郊外路線は1ドア車あり)で、乗車時に整理券を取る方式。
※ICAS nimocaの場合は乗車時・降車時にそれぞれタッチするだけなので整理券不要。
※整理券にはバーコードが印刷されており、降車時の運賃支払いの際に読みとられますので折り曲げ厳禁。
料金
初乗り210円。以降、乗車距離に応じて、2区230円・3区240円・4区250円。
運賃の支払い方法は現金、イカすカードICカード・ICAS nimoca及び互換ICカード、各乗り放題乗車券が利用できます。

運行会社 函館市企業局

乗り換え制度

函館市電は、十字街電停にて谷地頭方面・函館どつく方面へ分岐するため、自分が載っている路線が、谷地頭、または函館どつく方面へ行けないと気づいた時には十字街で乗り換え制度を利用するとお得。

乗り換える際に乗務員に行き先を告げ、先に目的地までの乗車料金を精算し「乗換券」を発行してもらえる。この「乗継券」を乗り換えた先の電車で使用すれば、新たな乗車料金がかからない。

[注]ICAS nimoca利用の場合、十字街で乗換えを行うと上記手続き不要。自動的に210円を越えた分のみ降車時に自動清算されます。(全国相互利用の交通系ICカードでも適用あり)

乗り継ぎ制度

目的地まで電車だけでは行けない場合に、函館バスと乗り継いで利用する際、乗車料金が割引になる。函館駅前・五稜郭公園前・深堀町・湯の川で函館バスとの乗り継ぎが可能。

【乗り継ぎの流れ】

  1. 最初に乗った市電・バスから降りる際に、乗務員へ「乗り継ぎ」を告げる
  2. 整理券を運賃箱へ
  3. その電停までの運賃と乗り継ぎ料金の50円を確認し、現金かイカすカードで支払う
  4. 現金乗車の場合は乗継券が乗務員より手渡され、イカすカード利用の場合はカードに乗り継ぎ情報が記録される
  5. 次に乗る市電・バスにて、整理券をとる
  6. 降りる際は、最初に乗車した市電・バスで受け取った乗継券(イカすカード)を入れ運賃を確認
  7. 残額支払い

[注]乗り継ぎ料金が適用となるのは1路線めの降車から次の降車まで、2時間以内であることが条件。
[注]ICAS nimoca利用の場合、市電から市電へ60分以内の同一停留場での乗り継ぎは160円引きの乗り継ぎ割り引きが適用され自動清算されるので上記手順は不要。(全国相互利用の交通系ICカードでは割引適用なし)

カード乗車券

市電・函館バス共通
●「イカすカード」「バス電車共通カード」
1,000円(利用額1,080)/2,000円(2,200円)/3,000円(3,420円)/5,000円(5,800円)

乗り放題乗車券

函館市電のみの一日乗車券

●市電1日乗車券:大人600円 小児300円

※提示式のため、見せるだけで乗降できます。
※提示で割引特典がある飲食店・施設・土産物店があるとのこと。

市電・函館バス共通1日2日乗車券

函館市電・函館バスが乗り放題(函館バスでは区域に制限があります)

●共通1日乗車券:大人1,000円 小児500円
●共通2日乗車券:大人1,700円 小児850円

カード乗車券などの購入先

「市電」「函館バス」の車内、または、函館駅前バスターミナル案内所、駅前観光案内所、郵便局、函館市内主要ホテル、セブンイレブン一部店舗やスーパー店頭にてお求めになれます(店舗により扱う券の種類が異なります)。
詳しくは函館市企業局交通部の乗車券の販売場所ページへ。