函館観光といえば、まず外すことができないのが「函館山からの夜景」。函館山山頂へは、レンタカーなどの自家用車を始め、様々な方法で登ることが可能です が、光が一番美しいトワイライトタイムに夜景を楽しむならば、ロープウェイやバスを利用するのが賢い方法ですよ。また、山頂は地上に比べて気温が下がりま す。夏場でも少し暖かめの服装がオススメ。

そして、空路を利用しての来函なら気になるのが空港への交通アクセス。函館駅前からシャトルバスも出ていますが、一般の函館バス路線でも空港線がありますのでご紹介します。

※2017年6月時点での情報です
※函館山登山道路は冬期間は閉鎖されるため、函館山山頂への冬期の交通はロープウェイのみとなります。

函館山ロープウェイ

函館山ロープウェイ(山麓駅)

山麓駅から山間を登ること3分、徐々に光り輝く街並みを眺めながら山頂駅へ到着。もちろん山頂から見る夜景は絶景ですよ~。

  • 営業時間 10:00~22:00(一部期間は変更アリ。要問合せ)
  • 運行時間 始発から10分間隔で運転。
  • 所要時間 山麓駅より約3分。

注:強風や落雷、悪天候などで運行が中止になる場合があります。ロープウェイ山麓駅へ向かう前に公式サイトで運行状況のチェックをオススメします。

普通運賃
往復 小人640円/大人1280円
片道 小人390円/大人780円

お問合せと公式サイト
函館山ロープウェイ
地図はこちら(googleプレイス)

函館山登山バス(駅前⇔函館山山頂)

函館バス株式会社が運行している函館山への登山バス。函館駅前やベイエリアを経由し、函館山山頂へと登るコースでじっくりと函館山の自然を目にしながら山 頂まで登ることができます。ただし、時期によって運行時刻が変わりますので、その都度函館駅前のバスセンターなどで確認をした方が良いでしょう。

◎運行時刻 13:30頃~山頂発21:40が最終(一部期間は変更アリ。要問合せ)
◎所要時間 函館駅から山頂まで約30分、登山口停留所から山頂まで約20分
◎運賃:片道大人400円・小人200円

お問合せと公式サイト
函館バス株式会社

函館山登山バス(駅前・湯の川温泉各ホテル⇔函館山)

湯の川温泉にあるホテルや旅館を利用している方に便利なのは、北都交通が運行する函館山夜景見学のための定期観光バス。最寄りのホテルから函館山ロープウェイ利用料金を含めたプランになっています。

詳細は、eHAKO交通アクセスガイド「定期観光バス」へ。

【空港行きバス】とびっこ/五稜郭・湯の川から空港へ

函館バス株式会社が運行している空港循環線・とびっこ。函館空港を出発し、湯倉神社前を通り、市電沿いを五稜郭公園前電停まで進みます。その後、赤川通りと呼ばれる道道347号線を北上し、亀田支所前を経由し、産業道路と呼ばれる道道100号線を湯の川方面へ向かい、再び函館空港を目指す循環路線です。

◎運行時刻 空港を出発する始発(亀田支所方面行き)が朝6時半、または7時(五稜郭方面行き)。21:03、または20:03に空港へ着く便が最終です。およそ1時間に1本ほど出ています。
◎所要時間 五稜郭から空港まで約40分/湯の川の湯倉神社前から空港までは約15分。

お問合せと公式サイト
函館バス株式会社

【空港行きバス】96系統函館空港線/函館駅前・湯の川から空港へ

函館バス株式会社が運行している函館空港線。96系統と呼ばれている路線でバスには「96」の番号がついています。函館駅前を出発し、漁火通と呼ばれる国 道278号線を進み湯の川温泉のホテル街を経由し、湯倉神社前を通り函館空港を目指します。津軽海峡を眺めながら走る気持ちのよい路線です。あまり本数が無いことを除けば、旅行者の方々には使いやすい路線かも。

◎運行時刻 函館駅前を出発するのが7:43。他、8:38発・11:08発・13:22発・18:17発。
◎所要時間 函館駅前から空港まで約40分

お問合せと公式サイト
函館バス株式会社